川ガニには寄生虫がいます。
特にサワガニにはウェステルマン肺吸虫が潜んでいるリスクがあります。地域によっては生で食べる習慣がある国もあり、旅行などで行った際には注意が必要です。
肺吸虫が体内に入ると、胃酸では死なないため、腸などの内臓を破り、肺へと進みます。
早期発見しないと重症化するので、食す際は必ず加熱して食べるようにしましょう。
中国では漬けにして食べる習慣がある地域もあるそうですが、漬けでは寄生虫は死にません。
確実に殺菌するには油で素揚げするなどの調理法が望まれます。居酒屋ではサワガニの素揚げされたメニューがあります。
サワガニに限らず、淡水魚には顎口虫などの寄生虫がいるので生食は避けるのが正解です。

Categories: 未分類