希望の就職先につくためには、面接を成功させる必要があります。履歴書の内容が立派でも、筆記試験が満点でも、面接に問題があれば、就職先を決めることは不可能です。働く企業の内容で、自分の未来がガラリと変わるという言い方もできるのではないでしょうか。会社側も面接をしていい人材を獲得したと思っていますが、雇われる方としても、より条件がいい会社を選ぶ様にしなくてはならないのです。採用面接では、担当者側からのいくつかの質問がなされます。実際に面接に行かなければ、聞かれる内容はわかりませんが、面接で聞かれやすい質問の答えを、あらかじめ考えておきましょう。多くの面接では、企業側の人が質問をして、こちらが回答をするというスタイルですが、たまに質問はないかと聞かれます。相手から水を向けられたら、知りたいと思っていたことを聞いてみるといいでしょう。求められるスキルや、採用後に自分に求められている役割のことなど、詳しく聞いてみたいことはいくつもあります。あまりこちらから具体的な事を聞くのは良くないと思うかもしれませんが、最初に聞いておかなければ、曖昧なままになってしまってもいけません。ずけずけと聞いたら悪いんじゃないかと、あえて質問をしないでいると、遠慮深いというより、やる気がない人だと解釈されることもあります。就職活動の面接を突破するためには、質問をする姿勢を見せることも、重要なファクターです。

Categories: 未分類