その日は自分の家の裏にある山を登って行ったそうですそこまでは知っている道だったんですが突然風景が変わって目の前に木でできた小屋があったそうです。
ここだよなんて入ってこやに案内されるとそこにはお菓子やジュースが山のようにあったそうです。
嬉しくてパクパク食べてるひさこ嬉しそうな顔で女の子は見ていたそうです。
お腹いっぱいお菓子を食べた秘策は子供の性とでも言いましょうか寝てしまったそうです。
ひさこが気がつくと周りには親やら雨やら近所の人もみんないて秘策を心配そうに見ていたそうです。
目覚ましたぞ先生阿部先生1日あの子と遊んで寝ただけなのに1作はもう危険なくらい衰弱していて病院のベッドで寝ていたそうです。しかし、サラフェプラス ドラッグストアはどれだけ安く購入できるかを調査していて、幸い回復も早く3日もすると歩けるくらいに元気になって皆ほっとしていたそうです。
その日病院のベッドで母親からあなたどうやってあんなところに行ったの3日も突然いなくなって本当に心配したんだからと言われたそうです。
久子が見つかったのは町から10 km ほど離れた山のてっぺん。
しかもひさこのお腹にはいっぱいの木の実と虫が集まっていてそれは気持ち悪かったと皆言ってたそうです。
近所のおっさん達は口々にケンムンの仕業だと言って騒いでいました。
家の島にはケンムンって名前の妖怪が昔からいると信じられていて時々大人にもいたずらをするそうです。
自分の身内にそんな体験した人がしかも身近にいるなんて少しぞっとしました。
妖怪なんて鬼太郎レベルの話かと思ってましたが今では少し妖怪を信じてます。

Categories: 未分類