喧嘩してしまった友達と仲良くなるための鍵は、たとえあなただけでも普段通りに接することです。
仲直りしたいのであれば、それが絶対に一番良い方法だと思います。
例えば、喧嘩をしているときに、喧嘩している相手のそばを通ったとします。
その時、あなたは「やぁ!」と言って手を挙げてみてください。
すぐには難しいと思いますが、喧嘩をしてから1週間後くらいにやってみるといいでしょう。
喧嘩中に普段通りに接するのは難しいと思いますが、仲直りしたいのであれば、まずは自分から行動するべきだと思います。
恥ずかしいとか、なんでそんなことをしなければならないのかと思うかもしれませんが、自分から声をかけることで、「もう怒っていないよ!」とアピールすることができますよ。
喧嘩して仲直りするには有効な方法です。
また、謝罪しやすい雰囲気を作ってあげることも良い方法です。
最初は、きっと無視されるでしょう。
「喧嘩したばかりなのに、なんなんだ?」と思われるかもしれません。でもそれでいいんです。
時間が経って相手が冷静になると、あなたとケンカしたことを後悔することが多かったりします。
(なんであんなこと言ってしまったんだろう?)
(どうして些細なことで怒ってしまたんだろう?)
ただ、このまま声をかけないでいると、仲直りする機会を失ってどんどん深みにはまっていきます。
「どっちが先に謝るんだ?」ということになり、最悪の結果を招いてしまうことにもなりかねません。
しかし、あなたが声をかければ、相手は謝りやすくなると思うんです。
言葉に少し余裕を持たせることで、相手が声をかけてきたときの摩擦を減らすことができます。
そうすれば「頑固でごめんね」と相手も心を開きやすくなるでしょう。
何よりあなたが常に相手に心を開いているようにふるまうことで、相手が気持ちよく先に進めるような雰囲気を作ることは仲直りする近道になるはずです。
いつも意固地になっているのはよくありません。
ちょっとしたケンカやライバル心があったとしても、すぐに仲直りして相手に手を差し伸べることは、とても大切なことです。

Categories: 未分類