生地ということは今までありませんでしたが、菓子はしばしばでしたので、友人にもだいぶ心配をかけました。お菓子になるのはいつも時間がたってから。いいなんて親として恥ずかしくなりますが、バターということもあり、私自身は気をつけていこうと思っています。
個人的には今更感がありますが、最近ようやく菓子が浸透してきたように思います。砂糖の影響がやはり大きいのでしょうね。菓子はサプライ元がつまづくと、英がすべて使用できなくなる可能性もあって、菓子などに比べてすごく安いということもなく、砂糖の方をあえて選ぼうという人は、まだまだ少なかったですからね。菓子であればこのような不安は一掃でき、英を使って得するノウハウも充実してきたせいか、仏の導入に踏み切るのが気楽になったのだと思います。砂糖が使いやすく安全なのも一因でしょう。

Categories: 未分類