歯医者さんではホワイトニングやクリーニングを受けることができますが、基本的にホワイトニングは、歯を白く綺麗にしたいという美的動機で受けるものです。
歯は食事や喫煙などで少しずつ黄色くなっていくのは仕方のないことですが、簡単な施術で白さを取り戻すことができるのがホワイトニングです。
一方、クリーニングというのは、歯の汚れを落とすものなので、美容目的というよりは医療行為のニュアンスが強いのです。
加えて、医薬部外品矯正の場合、単に見た目を改善するという他にも歯のかみ合わせを改善し、顎の関節症などを予防できる長所を認めることができます。
現在一般的になってきたホワイトニング。
その種類には、医薬部外品医院でだけ施術を受ける、濃度の高い薬剤で光を乱反射させる作用と分解という手法と、専用の薬剤を用いて自宅でホワイトニングを行う、ルルシアルルホワイトがあります。
すぐに真っ白の歯を手に入れたいという方には、お勧めは濃度の高い薬剤で光を乱反射させる作用と分解の方です。
煙草や服薬などの生活習慣がない限り、自宅でホワイトニングする場合と異なり、一回の施術で十分白くなります。
また、歯列の矯正を合わせて行いたい場合には、ホワイトニングの処置を先に行い、その後で矯正をかける人もいるようです。
医薬部外品医院で行うホワイトニングは、過酸化尿素や過酸化水素が無力透明に分解する働きがあります。
色素を分解して漂白するので安全性がとても高いといわれているので神経にふれて浸みたりすることも。
それに、歯が全体的に綺麗になるわけではないですから、日ごろからのケアを意識していると悪化もせずにすむのでホワイトニングをできるところもあります。
それと、ホワイトニングするたびに歯質の強化やむし歯の予防もできるので一石二鳥です。
ホワイトニングには色々な種類があり、それらの方法を行えば歯に染みついた黄ばみやヤニを落とすことが簡単にできます。
しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。
そんなにすぐに汚れてしまうことはないですが、一時的に歯の表面を白くしただけで、歯の性質、それに患者さんの生活習慣は変わらないわけですから、歯医者さんで行う濃度の高い薬剤で光を乱反射させる作用と分解なら、半年程度しか効果は続きません。
対して、研磨剤未使用を改善する医薬部外品矯正なら、繰り返し施術を続けなければならないということは考慮に入れなくてもいいでしょう。
歯のホワイトニングには色々な手段がありますが、効果が得られるのは自然の歯だけです。
差し歯など、義歯を使用している場合は、その部分にはホワイトニングの効果は現れません。
たとえほかが白くなっても、一部だけ白くない歯が残っていたら、自然な見た目にはならない可能性があります。
とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、色々な方法がありますから、歯医者さんに相談してみてくださいね。
また、ホワイトニングと同時に医薬部外品矯正も受けたい方は、審美医薬部外品という、歯の美しさの改善を専門にしている医薬部外品をお勧めします。
ホワイトニングにも複数の種類があります。
医薬部外品に通って受けるものの他、ルルシアルルホワイトと呼ばれる、自家用の薬剤とマウスピース型専用LEDを使って行うものがあるのですが、十分な時間を確保できない場合などでは、なかなか歯が白くならないままガッカリしてしまうこともあるといいます。
ところで、医薬部外品で歯列の矯正を受けている最中の人は、同時にホワイトニングの施術を受けることは無理だと思われがちです。
しかし、口内の状態によっては、工夫により矯正と並行してホワイトニングの施術も行うことができます。

Categories: 未分類